平屋は年齢が上がると共に感謝する家

「平屋の家」と言えば、昔ながらの住宅ぐらいの感覚を若い頃は持っていたものですが、30歳も過ぎると平屋の住宅に対して憧れすら抱くようになりますよ。なぜなら、当たり前ですけれど、平屋は階段がないですからね。ちょっとしたことに思えるかもしれませんけれど、これってかなり大きいですよ。

生活をしていく上で、「階段がない平屋」ってものすごく楽なんです。ちょっとしたことに思えるかもしれませんけれど、日常生活において「しゃがむ」「あがる」って何気に負担に感じるものです。とくに「二階に上がる」という行為は、日常生活を営んで行きますと、結構な手間に感じるのです。ついつい「二階へ上がる行為」を回避してしまい、そして一階に物がたまるということにもなるのです。

それに、年齢が上がると共に「上がる」という行為を億劫に感じるようになりますからね。マイホームを設計するような年齢である20代、30代の頃はそこまで平屋の価値は感じないかもしれませんが、40代も目の前になっている年齢になれば、平屋の住宅の価値が心からわかるようになるとも言えるというものです。

ですから、もしもマイホームを建てる敷地面積に余裕があるのならば、平屋の住宅を検討してもいいでしょう。また、設計する上で平屋でおさまる範囲内でしたら平屋にするのもいいでしょう。平屋こそ、長く住むのにストレスを感じない快適な住宅だと今の年齢になって感じます。

ただ、二階建ての住宅にした方が建設費や税金などが「やや割安」という範囲内ですが、確かに平屋よりも安くなる傾向がありますので、その点も踏まえて要検討ということで。

松阪で漆喰の注文住宅を建てるなら