無垢材の良さを生かすことが大事

無垢材は基礎のものを使っていて風合いがよくてぱっと見の雰囲気の良さがあります。そして複合フローリングみたいに接着し作ってるのではなく、化学物質少ないといった点があります。木の特徴として調音作用優れていて、夏の湿気によるべたつき、冬のひんやりしたつめたさが割とないといったこともよさなのです。そして、木本来の香り楽しめたり、経年劣化でなく経年変化のように敏達につれ、それが味になるといったメリットあります。そして、気の伸縮性によって隙間生じやすいこと、割れ、そりが起きたり、傷つきやすくて、補修が難しいといったデメリットも。そして、複合フリーリングメリットですが無垢材に比べて安くて、量産可能な工業製品のために品質ばらつきなく一定品質確保しやすいです。また機材になる部分の種類によって防音性、耐久性、傷つきにくい仕上げ、ワックスフリーなども多いです。また複合フローリングでメリットですが、化学物質を無垢材に比べ多く使っていたりします。そして肌触りも無垢に比べて無機質であり、快適さの観点では無垢材に及ばないです。そして好みもありますから、一概に言えません。そして経年劣化の観点ではどうしても劣化という観点目立ってしまうのです。

注文住宅を三重のハウスメーカー、工務店で建てるなら